早く起きた朝は

2016.10.03 Monday 10:02
0

     

    こんにちは、楽象です。

     

    チェンマイでは、

     

    朝早く起きた時、

    タンブンをしに行きます。

     

    タイは国民の約90%が仏教徒で、とても信仰の深い国です。

     

     

    タンブンとは「徳を積む」という意味で、

    托鉢のお坊さんに寄進することもその一つです。

     

    朝のタンブンをする為、ターペー門を目指して行きました。

    途中お坊さんに遭遇するのですが、お供え物がないので見送ります。

    お坊さんを見つけると車をとめてタンブンをする人も見かけます。


     

     

     

    ターペー門に着いたらタンブンをしている方がいました!

     

    お坊さんに寄進するお供え物が近くで売られているので、

    それを購入し、手を合わせてお供え物をお坊さんの鉢に入れます。

     

    すると、お坊さんが経文を唱えてくれるので、手を合わせ跪きます。

    清められた水を振り掛けてもらいタンブンは終了です。

     

     

    正式なタンブンの仕方等があるのかとは思いますが、

    見よう見まねで、最初はドキドキしました。

     

     

     

    その後場所を移して歩いていたら、

    タンブンをしている人だかりを発見!

     

    ここではお供えセットの他に、かごに入れられた鳥、袋に入れられた魚が売られていました。

     

    かごに入れられた鳥を買って空に放したり、袋に入れられた魚を買って川に放したりする<命を助け自由にしてあげる>事も、徳を積むタンブンの一つです。

     

    魚を買って川に放してあげました。

     

     

    お供えセットはこんな感じで売っています。

    (ほとんど売れてしまった後で、テーブルの上にはあまり残っていませんが・・・)

     

     

     

    気持ち良く一日を迎えることができます。

    次回はお寺でタンブンをしようと思っています。

     

     

     

    楽象 店主でした。

     

    category:チェンマイ買付 | by:rakuzoucomments(0) | -

    ブログパーツUL5