タイのバス乗車切符

2018.05.01 Tuesday 13:38
0

    こんにちは楽象です。

     

    今日、デスクまわりを片付けていたらにジップロックの中に・・・

     

    タイのバスの乗車チケットが入ってました。

     

    タイ・バンコクでの買付の移動手段は、主にBTS(スカイトレイン)ですが、バスも多く利用します。

     

    バンコクのバスには「公営バス」と「私営バス」が走っており、同じ路線でもエアコン付・エアコンなしのバスがあり、エアコン付きのバスは料金が少し高めです。

     

    日本と違い、意外とバスに乗るのも降りるのも大変です。

     

    日本ではバス停で待ってれば乗車できますが、タイでは乗車したいバスをとめなくてはいけません。

    タイでバスやタクシーを止める際は手を斜め下に出して合図します。

     

    バスを止める際、スピードを出して走っている事が多く、目的のバスが近づいて来た時に乗車したい合図を出しますが、時々バス停で停車できずに止まることもあり、慌てて走って乗車することもあります。

     

    路線バスには添乗員の方が乗っていて、バスの料金を取りにきてくれるので、乗車したら席に座るか手すりにつかまって待っていれば大丈夫です。

    丸い円柱のようなブリキの入れ物に乗車切符と小銭が入っており、それをガチャガチャと小銭の音を鳴らしながら料金を徴収に来ます。

    目的地を言えば金額を教えてくれるので、その額を支払い、領収に切符をもらいます。

     

    その時にもらうのがこの切符です。

     

     

    これは、前回バスを利用し運賃を支払ったときにもらった切符の一部です。

     

     

    降りる時もかなり難題です。

     

    日本と同様に、ブザーを鳴らして降車するのですが、言葉が通じず土地勘も無い為、何度か乗り過ごしてしまい、暑い中引き返して歩いた事が多々あるので、近くになるとすぐ降りられるようにドアの近くで待っています。

    バス停到着前にドアが開いたり、急停車したり、又着いてもすぐ発車してしまう為、安心してゆっくり降りることができないのでいつもハラハラドキドキです。

     

    乗車する時も降りる時も一苦労ですが、それも旅の思い出となり、とてもいいものです。

     

     

     

     

    この写真の商品は、バスの添乗員が持っている料金回収入れです。

     

     

     

    いかがですか?

     

    楽象店主でした。

    category:タイの乗り物 | by:rakuzoucomments(0) | -

    ブログパーツUL5